2017年2月12日日曜日

信仰と語学

小学校教諭のY・Sです。

今日はいきなり英文で始まります。

Through recognition the indwelling Divinity will appear.

No matter how great the treasures kept in the house, if there is no light, the treasures are practically
nonexistent. Firends, let us begin by recognizining the indwelling Divinity(Great Inheritance from God) in your children and studennts. Every bad habit and genetic inheritance will be wiped away
through the brightness of our powre of recognition.「生命の実相」 頭注版 第14巻 p196より
英文は谷口清超先生ご監修「人生の扉を開く」から抜粋しました。
 
 2019年度から小学校でも英語が段階的に教科化され,’20年度から完全実施されます。これについてはさまざまな議論がなされていますが,私個人的には賛成です。むしろ遅すぎたという感があります。第二言語は早い時期に始めた方がその習得がしやすいというのが理由ですが,信仰との関係も無視できないからです。
 言語は太古の昔,みな同じであったという神話があります。もしそれぞれの言語が同一の理念から発生していなければ,他言語を理解することも訳すこともできないはずです。これは宗教の本源に関しても同じです。さらに,他言語を翻訳する(理解する)ということは,単なる文法的,経験的な能力ではなく,「観ずる」能力が不可欠です。この件についてはまた後日,具体的に書きたいと思います。時には,真理の言葉を英語などの他の言語で読んでみるのもよいと思います。

2017年2月7日火曜日

「生徒M君の成長」

初めまして。中学校教諭のK.Sです。
中学校教諭になって早34年目。教員という柄でもない自分がこんなに長く教員生活をしているなんて自分で驚いています。私が教員になって一番楽しいことは、生徒との何気ない会話で心が通い合っている瞬間を感じたときです。恋の話・悩み事・進路の相談・世の中の問題など、大人同士の会話ができたときは、教員になってよかったなとつくづく感じることがあります。

最近は、年々、低年齢化する生徒たちと高齢化した自分とのギャップを感じ、心を通わせる瞬間が少なくなってきました。そんな中、昨年入学してきたM君との出会いがありました。M君はアトピー体質でちょっと自閉気味。こだわりが強く、コミュニケーションの苦手な生徒でした。1年生の国語の時間、授業が始まった当初は、あまり意欲的な態度ではなく、気分も沈みがちな生徒でした。授業のたびに気になるM君に声をかけました。物語や随筆には全く興味を持ちませんでした。感情を読み取ることの苦手なM君は発問してもとんちんかんな答えを発していました。説明文には興味を持ち、自分の広い雑学を披露しました。
先日のことです。私が授業中「『しかとする』という言葉の語源しっていますか?」と問うと、M君がすかさず、「花札の鹿の絵札からできた言葉です。」と正しい解答をしました。「君はすごいね。いろんなことを知っているね。その知識はきっとこれから役にたつよ。」と称えました。また、彼の書いた環境汚染の作文は内容が深く、話の流れもたくみでした。私は「M君は理数系が得意なんだね。専門的な知識が深いので、学者タイプだね。」と声をかけました。

教室のみんなの前でほめられたM君は、それから、授業によく参加し、自分の思いや考えを積極的に発表するようになりました。そして「僕は将来大学教授になるんだ。」と明るく話してくれました。内にこもっていたM君が旧友と元気に談笑している姿を見てうれしくなりました。

預かり保育で伸びる子どもたち

幼稚園教諭 M.H
私は幼稚園で預かり保育を担当しています。保育終了後の時間にお預かりするので、「おかえり」という気持ちで迎えます。色々な年齢で過ごしますので、大きいクラスの子が小さいクラスの子のお世話をしてくれる姿もよく見られます。折り紙を折ってあげたり、ロッカーにカバンや帽子を掛けるのを手伝ってあげたり、隣に座ってあげたり、泣いていると「せんせいこの子ないてるよ」と教えてくれたり、小さいクラスの子もお兄さんお姉さんに甘えられて安心できます。時にはお兄さんの作ったブロックをこわして怒られて泣く子もいたり、毎日一緒にいるとまるで兄弟のように激しいけんかになることもありますが、けんかも成長のためには大切な役目をしていると思いますので、怪我のないように気をつけて見守ることもあります。

生長の家の教育の中に、認めてほめてあげると、その方向に伸びていくと教えていただいていますが、毎日利用している年少さんのK子ちゃんはまだ言葉数は多くありませんが、時々「あー」と大きな声を発することがありました。よく聴いてるとお腹の底から出ていて、声を出してる本人もとても気持ち良さそうです。おもわず「いい声だねーもう一回きかせて」とお願いするとまた「あー」と出してくれます。気をつけて観察しているとお歌もすぐに覚えて歌ってました。お迎えの時、「K子ちゃんいい声ですね。将来はぜひオペラ歌手にどうですか」とお母様にも楽しくご報告してみました。

工作が得意で来るたびに持ちきれないくらいの大きなダンボールの作品を作って「もってかえっていいでしょう」とお母様にお願いしている子、また電車の駅名をたくさん大きな紙に漢字でかいて、見せてくれる子、将来どんな才能を発揮してくれるかとても楽しみです。生長の家の教育を実践できる場があることに感謝しています。

2017年2月4日土曜日

受験直前のお母様とのやりとり

学習塾講師のA.Mです。
ご無沙汰しておりました!
久しぶりの投稿で、受験前日と当日の生徒のお母様とのやりとりを紹介いたします!

私の塾生達の私立高校受験も、後はKくん一人となった数日前の夜のことです。
うちでは珍しく、県外の受験のため、Kくんとホテルに宿泊中のお母様にメールしました。

  今日は○○県ですよね?
  自分の努力を信じて試験を受け、
  自分の善さを信じて面接を受けてね!
     とKくんにお伝えください

お母さまから
  M先生、ありがとうございます☆
  ここにきて、緊張からか、Kのお腹の調子が…
  でも明日は悔いのないように頑張ると思います。
  先日受験した□□高校の発表も明日になりました。
  わかり次第連絡いたします!


  心の中で、無限力無限力!!と唱えて会場に向かうように、これもお伝えください
  全力発揮、願っています
  明日の発表も楽しみにしております☆

お母さま
  はい、私も一緒に唱えて向かいます!

次の日お母さまから
  M先生、□□高校、合格いたしました!
  本当にありがとうございました。
  ◎◎高校の試験も始まりました。
  集中力を切らさないでほしいと祈ってます。


  おめでとうございます!
  □□高校、立派に合格できて、偉かったですね!
  昨日今日の緊張も真剣な証拠でしょう。
  親子の念は通じやすいそうですから、
     心配心でなく、できる!の念をビシバシ送ってあげてください!
  私も 無限力~!!と送ります。

「人の力は無限」 「言葉に表しただけ実現力が増す」 「気持ちは通じ合う」 等々
普段から 生徒や保護者様にお伝えしていることですが、
お母さまが、私も無限力と唱えて試験に向かうと言ってくださったのは、本当に嬉しいことでした。
普段の会話や『私は素晴らしい存在だから、自己讃嘆で未来を拓く 希望実現のためのノート』等
一滴一滴にしか見えない言葉のやりとりも、必ず生徒と生徒の家庭に届いている!
そう思えて、頑張る力をもらえた、ありがたいやり取りでした!

2016年12月30日金曜日

「倫理的な生活者(Ethical Citizen)」としての実践- 共にやると、友になる! -


元公立高校教諭のK.Oです。 

 新年おめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 

クラフトづくりで友達になった近所のM.Kさんが、昨年講習会にはじめて参加してくれました。そして今、普及誌の年間購読者に。私は「クリップホルダー」を、M.Kさんは「あんどん」を作りながら、相談し材料や工具を提供し合うなどで、つながりができたからです。クラフト製作を共にやったとき、喜びを共有し親しくなり友達になりました。つまり「共にやると友になる」ことを発見しました。これは現職教員の会員拡大にも応用できると思います。 

「幸せを運ぶ教育フォーラム」で、クラフト製作
  A教区では、昨年度県内3カ所で「幸せを運ぶ教育フォーラム」が計画され、まずスタートとしてH地区で開催されました。この日の教育フォーラムでは、「クラフト」を製作しました。講話のあと、柿の木の剪定端材を使用して、参加者一人ひとりが「クリップホルダー」づくり。下ごしらえをした材料にサンドペーパーをかけ、お気に入りのコトバを書いて仕上げました。 

以下は、参加者の皆さんからの感想です。

  感想「木から伝わってくるぬくもりを感じ、心が温かくなり幸せを感じました。クラフト、手作りの良さを実感しました。」生教会会員:T.Oさん

  感想「紙やすりをかけ手ざわりがよくなり、機械で作ったものと違い、個性があっていいなあと思いました。」現職教員: H.Sさん

  感想「クラフトを実際に、初めてやってみて良かったです。柿の木の樹皮をよく見て、模様に感動しました。」生教会会員: M.Kさん

自然の材料を用い、自分の個性を表現する作品を手作りし、皆さんがとても喜んでくれました。この日、「倫理的な生活者」としての実践を学びました。
             (2016.5.8会場にて、参加者6名・内現職教員1名、講師・K.O) 

「倫理的な生活者」としての生き方の指導、そして人材育成
「持続可能な社会」の実現について、昨年の相愛会・栄える会合同全国幹部研鑽会で、総裁・谷口雅宣先生がご指導くださいました。そのために私達生教会は、「倫理的な生活者」として自ら実践するとともに、教育関係者や児童・生徒・学生、生命学園児童に「倫理的な生活者」としての生き方の指導を、自信と勇気をもって行っていきたいと思います。私達の具体的な指導は、(1)自然と触れ合うオーガニックの野菜づくりやノーミートの食生活、(2)ゴミの分別・リサイクルや自転車の活用等による省資源の生活法、(3)自然度の高い材料を用いたクラフトの製作や自然観察による絵手紙・俳句・絵画の制作をする自然重視の表現活動・・・いずれも低炭素のライフスタイルです。 

生長の家総裁・谷口雅宣先生は、「倫理的な生活者」としての実践について、日常生活の中で「信仰を生活に生かす」ことをご指導くださり、また、次のようにご教示くださっています。 

 こういうことを自ら実践して、人にも同様の生き方を勧めることを通して、私たちは実際に二酸化炭素の排出を減らすことができる。しかし、これは物質的な側面のことで、全部ではない。精神的側面のことを忘れてはいけない。それは、実際行動は私たちの信仰の表現だということです。(中略)
 そういうわけで、皆さんの得意な分野を活かして、信仰心を大いに燃やして“自然と共に教勢も伸ばす”ことを忘れずに、後継者育成も視野に入れて、この新しい運動を喜びをもって盛り上げていただきたいのであります。
   (機関誌『生長の家』2016年1月号24~25頁 谷口雅宣先生ご文章) 

  生教会はこうした生き方の指導により、さらに後世への人材育成を行いましょう。日本と世界に貢献し、これからの生長の家を担う後継者を育成して、バトンを引き継いでいきたいと思います。
 これが、われら生教会の聖なる使命であると考えます。

 “新しい文明”構築のために。

      K.O

2016年12月2日金曜日

「脱原発の教育実践と発信―世界へ向けて」

元公立高校教諭のK.Oです。

「幸せを運ぶ教育フォーラム」が、1113日に福島県郡山市で開催され、出講してきました。テーマは、「子供の無限力を引き出すには」についてです。講話のおわりに、東日本大震災より5年経過して、これまでの生教会福島教区の環境教育の取り組みに感謝を述べました。そして、より一層の「脱原発の教育実践と発信」を共に進めることを、皆さんと決意しました。このことが世界に向けて、生教会福島教区の使命であると思います。 

 ところで、原発事故で今も困難な状況が続いています。福島県では、8万人以上の人々が故郷に帰れないでいるのです。その中で、横浜市に自主避難していた中学生が、小学生の頃から校内でいじめを受けていました。何年もいじめを受け続け、約150万円ものお金を取られていたのに、教育委員会や学校は適切に対応してくれませんでした。そのような絶望のなかでしたが、生徒は死を選ばず、「しんさいでいっぱい死んだからつらいけどぼくはいきるときめた」と決意したのです。悲しみの中にも、勇気ある姿に涙を誘われました。 

 このような中で、安倍首相はインドと原子力協定を締結し、経済優先の原発輸出を進めています。 

 私たち生教会は、脱原発の教育をさらに強力に、児童・生徒・学生に、そして現職教員はじめ教育関係者に伝えていきましょう。原発の問題点、つまり「なぜいけないのか」の指導を、学校現場で、幸せを運ぶ教育フォーラムで、生命学園で。 

原発反対の願いを込めて、「倫理的な生活者」として、「省資源、低炭素の生活法」を自ら実践し、社会に伝えていきましょう。

“自然と共に生きる”喜びを感じながら。
                                            K.O

 

2016年9月19日月曜日

自然との共存教育

小学校教諭のY・Sです。

 久しぶりの更新です。平成28年度がスタートしてすでに半年が過ぎようとしています。子どもたちは心身共に成長していますか?不安や無気力,苛立ちや体調不良を訴える子はいませんか?「生長の家の教育法」を実践しておられる先生方にはそのようなこととは無関係と自信をもって日々教育実践をされていると思いますが。
 話は変わって,あの「東日本大震災」から5年と6ヶ月が過ぎました。しかし,被災地の復興は遅々として進んでいないというのが現状です。津波で流された地域では大規模なかさ上げ工事が行われている一方,あちらこちらに「慰霊碑」がひっそりと建てられています。
 みなさんは「あの時」どこで何をしていましたか?被災地に足を向けられた方は何を感じられましたか?きっとあの時,「変わらなければ!」と思われた方々がたくさんいると思います。私は今こそ,その意識を実践に移す時期であると思っています。5年半前の巨大地震以来,日本ではこれまでにない気象災害が頻発しています。これは何を意味するのでしょうか?私たちは本当に「変われた」のでしょうか?水を大切にしているでしょうか?
紙の無駄遣いはないですか?ゴミはきちんと分けて出していますか?何よりも身近な動植物に愛を持って接しているでしょうか。山川草木に感謝しているでしょうか?
 「あの時」「変わろう」とした気持ちを私たちはもう一度思い出す時期に来ているのだと思います。
 また,大きな台風が日本へ向かっています。私たちは台風にさえ感謝することで,被害を被ることから逃れることができるのであると私は信じます。
 自然との共存教育は,ゼロからのスタートかも知れませんが,今本当に必要とされていることをあらためて考えてみたいものです。

 蛇足ですが,私の好きな英語の格言を2つご紹介します。 ・Even if I knew that tomorrow the world would go to pieces, I would still plant my apple tree. ー Martin Lutherー
 ・You’ll never find a rainbow if you’re looking down. ーChrlie Chaplinー 

写真:宮城県南三陸町の防災対策庁舎